成分を調べたい時はこちらから→ 1500以上の成分を収録!化粧品成分辞典

ターンオーバーとは

目次

ターンオーバーの働き

肌の細胞が生まれ変わるサイクルのことです。

肌の新陳代謝とも言われています。

ターンオーバーが行われる場所

ターンオーバーは、表皮で行われます。

表皮は、4つの層に分かれています。

外側から、角質層、顆粒層、有棘層、基底層となります。

ターンオーバーとは

ターンオーバーは、基底層で作られる基底細胞(ケラチノサイト)が細胞分裂をし、肌の外側の層に向かって押し上げられて進行します。

一番外側の角質層まで到達した細胞は、垢となり、自然に剥がれ落ちることで、細胞の生まれ変わりサイクルが行われます。

ターンオーバーのサイクルは、基本約28日で行われます。

しかし、加齢や肌ダメージによって、そのサイクル周期は遅くなります。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れとは、新しい細胞が作られず、古い細胞が剥がれ落ちなくなることです。

ターンオーバーとは ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーが乱れると、肌表面に古い角質が溜まり、ざらつきやごわつきを感じます。

そして、バリア機能も低下し、外的刺激から肌を守れなくなり、ニキビや痒みなどを伴う肌荒れが起こります。

また、本来古い角質と一緒に排出されるメラニンが蓄積すると、シミやくすみとして顕在化します。

ターンオーバーの乱れの原因

・紫外線

ターンオーバーとは 紫外線

肌は紫外線ダメージを受けると、そのダメージを回復しようとターンオーバーを早めます。

ターンオーバーが、異常な早さになることも肌への負担を高めます。

ターンオーバーが早くなると、発達しきれていない細胞が肌表面に上がってくるため、バリア機能が低下します。

また、天然保湿因子(NMF)は、ターンオーバーの過程で産生されます。

ターンオーバーが早まることによって、NMFの産生が追いつかず、角質細胞に存在するNMFの量が少なくなり、肌の乾燥を招きます。

合わせて読みたい

・乾燥

ターンオーバーとは 乾燥

肌の乾燥も、紫外線ダメージの時と同じように、ターンオーバーを早めます。

未成熟な角層細胞が生成されてしまうため、保湿機能、バリア機能は十分に働かず、乾燥だけでなく、炎症などの原因にもなります。

合わせて読みたい

・間違ったスキンケア

ターンオーバーとは 洗顔料

摩擦を与える

洗顔や化粧水やオイルを塗るスキンケアをする際に、肌にゴシゴシと摩擦を与えると、肌表面が傷つき、ターンオーバーを早めてしまいます。

洗浄力の強い界面活性剤の多用

洗浄成分の一つである界面活性剤には、様々な種類がありますが、中でも洗浄力の強い成分で肌を洗うと、肌に必要な皮脂までを取り除いてしまい、乾燥を引き起こし、ターンオーバーの乱れに繋がります。

合わせて読みたい

・生活習慣の乱れ

ターンオーバーとは 睡眠不足

睡眠不足

入眠から約3時間後に成長ホルモンは、分泌されやすくなります。

成長ホルモンは、肌のターンオーバーを促し、ダメージを修復します。

睡眠が十分取れないと、成長ホルモンの分泌が減少し、ターンオーバーが乱れます。

・加齢

ターンオーバーとは 加齢

年齢を重ねると、細胞を産生する母細胞の力が弱くなります。

表皮の母細胞は、基底層に存在し、細胞を生み出すことで、ターンオーバーを促します。

その力が弱くなることで、細胞を生み出す量は少なくなり、その分、排出する量も少なくなるため、ターンオーバーは遅くなり、乱れの原因となります。

ターンオーバーを正常に保つ方法、乱れさせない対策

・紫外線から肌を守る

紫外線は、夏だけでなく冬や雨の日も、年中降り注いでいます。

日焼け止めアイテムを肌に塗ったり、日傘、サングラス、アームカバーなどの日焼け防止アイテムを用いて、紫外線から肌を守りましょう。

合わせて読みたい

・空気の乾燥、乾燥肌のケア

空気の乾燥には、加湿器の使用や濡れたタオルを干すなどし、湿度を約50~60%に保ちましょう。

合わせて読みたい

肌の乾燥ケアには、保湿パックや化粧水などで、潤いを与え、バームやオイルなどで過剰な水分蒸散を防ぐケアをしましょう。

合わせて読みたい

・正しいスキンケア

洗顔では、たっぷりと泡を立てて、肌に摩擦が起きないように洗います。

洗い流す温度は、32〜35度のぬるま湯を使用しましょう。

洗い残しがないよう、20回ほど丁寧に洗い流します。

合わせて読みたい

化粧水、フェイスマスクをして肌にうるおいを与えましょう。

最後に、オイルやバームなどを肌全体に薄くなじませ、肌のうるおいをキープします。

スキンケア用品は、強い界面活性剤が配合されていないものを選びましょう。

防腐剤、合成ポリマーなどにも注意しましょう。

合わせて調べたい

・質の良い睡眠をとる

就寝の3時間以上前には、食事を済ませ、胃や腸の働きを落ち着かせましょう。

そして、就寝の2〜3時間前に入浴を済ませることで、体温の一時的上昇から下がるタイミングで、睡眠導入が行われ、質の良い睡眠をとることができます。

合わせて読みたい

・バランス良く栄養を摂る

ターンオーバーを正常に保つために、特に重要な栄養素はこちらです。

・ビタミンA

肌や粘膜にうるおいを与え、ターンオーバーを促します。

食べ物:レバー、うなぎ、にんじん、小松菜、ほうれん草、海藻類

・ビタミンB2

肌や粘膜の健康を維持します。

食べ物:納豆、アーモンド、モロヘイヤ、海苔

・ビタミンB6

抗アレルギー作用を強化し、かゆみや皮膚炎などにかからないようにします。タンパク質をエネルギー変換し、合成をサポートします。

食べ物:鶏むね肉、マグロ、ピスタチオ、バナナ、ニンニク

合わせて読みたい

まとめ

ターンオーバーとは、表皮で行われる肌の細胞が生まれ変わるサイクルのことです。

ターンオーバーは、紫外線、乾燥、間違えたスキンケア、生活習慣の乱れ、加齢などの原因で乱れます。

ターンオーバーが乱れると、肌表面に古い角質が溜まり、ごわつき、シミ、くすみなどの肌悩みに繋がります。

ターンオーバーを正常に保つには、紫外線ケア、保湿、正しいスキンケア、生活習慣を整えることが大切です。

教えてあげよっ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる